« 日本炭鉱第6竪坑(若松区蜑住)探索記 | トップページ | 若松駅付近を往(この記事は2009年頃の若松駅周辺です) »

2009年5月 9日 (土)

国鉄藤ノ木貯炭場跡地訪問記ー2回目訪問の追加(2009年頃)

 

 

芦屋町を走った芦屋軽便鉄道を開設しました。
 
http://wakinosuisei.web.fc2.com/index.html
2010年7月 新サイトをつくりました。こちらも良かったら見てください
面白くありませんが、筑前芦屋町に興味がある人対象かな・・・・

http://asiya.kasajizo.com/
2014年5月18日追加 芦屋軽便鉄道の大正11年6月8日付のダイレクトメール発見しました。http://wakinosuisei.web.fc2.com/を覗いたら見ることができます。

2015年4月大統社工業塾は蘆屋町にあった事が判明しました。

 

1974

 

1974年藤ノ木貯炭場付近(ガントリークレーンはすでに撤去されているようだ)

 

S47_tyotanba

 

昭和47年 貯炭場付近の地図

 

正月に訪問して右側の探索ではあまり成果が無かったので、今回は左側に回り込もうと勇んで来て見る、草が刈られて通り易くなっていた。右側と違い、いろんな遺構が残っている。

 

Img_2455

 

 

 

キハ47 若松方面から藤ノ木に向かっている。前方に岬の山(はなのやま)公園が見える。
新記事:2010年7月4日放送があったドラマ犬のおまわりさん(TBS系列)のロケ地になったのが、この岬(はな)の山公園である。

 

 

 

Img_2458

 

 

 

存続が危ぶまれるキハ31も来てくれた。

 

Img_2454

 

この土地を落札した業者が判明

 

2013年5月時点には住宅の分譲がはじまったようだ。
2014年今では老人福祉施設などが建っています。
2020年に行った時にはスーパーのコスモスや住宅が海岸沿いに立っていました。

 

※2011年には岸壁まで道路ができ整地されてしまい、今では面影もなくなってしまった。

 

Img_2453

 

 

 

今回遺構の第一番目は側溝に感激

 

Img_2422

 

 

 

亀が生息していた。

 

Img_2423

 

 

 

やった~と抑えきれないくらい感動したレール。

 

Img_2426

 

Img_2425

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガントリークレーンの線路跡かと思ったが、ただの橋の跡らしい)

 

Gantorikuren_2 

 

藤木貯炭場のガントリークレーン

 

Img_2424

 

 

 

石炭の屑が残っていた。持ち帰る。

 

 

 

Img_2432

 

Img_2431

 

Img_2433

 

 

 

 

 

太い木と鉄の滑車で作られた柵らしき物が残っている。

 

 

 

Img_2434

 

次に感動したレール。

 

東洋一のガントリークレーンに使われた物なのか?残念だがただのトロッコ用のレールらしい。

 

岸壁に着いた。

 

 

 

Img_2445 

 

今でも艀ようの杭は使用されている

 

Img_2439

 

下の写真を見ると判るが、当時洞海湾岸壁に高さ6メートル、全長1050メートルの藤ノ木桟橋が設けられていた、このセメントの道路部分は列車が通るガード下だった。

 

Photo_3

 

Photo_2

 

当時の藤ノ木貯炭場

 

Img_2435

 

 

 

この1番と書かれている物は船から判りやすい様に取り付けた物であろうか

 

バスケットのゴールみたいな格好をしている。

 

Img_2441

 

 

 

岸壁に沿って同じものが順番号で並んでいた。

 

この右側には当時鉄道の線路が5メートルの高さで敷設されていた。ガントリークレーンで列車から降ろして船積みしていたのだろう

 

Img_2447

 

Img_2451

 

土管ではなくビニール管がひとつだけ在った。終わりの頃に修理したものか?

 

Img_2448_2 
振り返るとキハ47が若松方面に向かっていた。
新記事:2010年7月4日放送があったドラマ犬のおまわりさん(TBS系列)のロケ地になったのが、このバック右に見える岬(はな)の山公園である。

 

1947

 

1947年の貯炭場はクレーンは2台有るのが見える。

1961

 

これは1961年の貯炭場であるが2台あったガントリークレーンは左に1台有るのみに見える。1回目に訪問したときにおじいさんが言っていた台風でクレーンが倒れた話を思い出す。

1966 

 

1966年にはクレーンの位置が若松よりに移動している。

 

1968

 

1968年の貯炭場。やはり1台である。

 

一番最初の写真は1974年の貯炭場であるがクレーンはすでに撤去されている。

 

                             2009-2-8

 

 

« 日本炭鉱第6竪坑(若松区蜑住)探索記 | トップページ | 若松駅付近を往(この記事は2009年頃の若松駅周辺です) »

鉄道遺構」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、同じく廃線・廃坑を探索しているblue fieldといいます♪
若松にもこんな遺構があるんですね、今回初めて知りました!
こちらは宅地開発を計画されているとのことなので、早めに訪問したいと思います!
今後ともよろしくお願いします!

はじめまして。大先輩のようで、こちらこそどうぞよろしくお願いします。藤ノ木貯炭場は家内の実家が近くですので、家内の父からは聞いてはいたのですが行く機会が今までありませんでした。ちょっと遅すぎた感があります。これから歩いてみようと思っているのがニッタンの大君炭鉱跡地です。だいたいの場所はわかったので写真を撮りに出かけたいと思っています。ああ楽しいですね。

はじめまして。若松工機部工場の近くで育ち国鉄のグラウンドや貯炭場でよく野球をしていました。懐かしい資料楽しく拝見させていただきました。私たちは今年筑豊本線開業120年を8月30日に迎えます。その日に向けてイベントなど計画をしています。これを記念して若松ー直方間の資料作りを検討しています。よろしければ資料の提供やアドバイスなどいただければ幸いです。よろしくお願いします。

はじめまして、見てもらって光栄です。
私の義理の父が国鉄の若松工場で働いていて、現在の若松警察署の場所にあり、自宅もその山側の和田町に住んでおりましたので貯炭場を良く見ていたものです。父も15年前に亡くなりました。このあたりもすっかり変わって、ほんの少し残っていましたので今残さないと、とブログにした次第です。お役に立てれば幸いです。

はじめまして。NHK番組で深夜に放送している昔のSLの風景に、藤ノ木近辺が出ていました。22年ほど昔、当時宮丸に住んでいた小学生の私は、友人とよく洞海湾へ自転車で遊びに出かけたものです。その当時は、まだ高架線が一部分ですが残っていました。登って遊んだ事もあったかな。
番組では、高架線をSLが走ってる光景が映っていました。
今は引っ越してしまいましたが、北九州に在住です。
今度、散歩に出かけてみたいと思います。
ノスタルジーを感じさせる、素敵なHPをありがとうございます。

見ていただき有難うございます。
藤木貯炭場跡は今は再開発が進み踏切が出来、道路が通ってしまいました。面影はなくなってしまいました。残念です。

はじめまして。いろいろ拝見させて頂きました。ガントリーは、一度見たかったです。長いコンクリートの橋梁は、見た記憶があります。若松車両センター今の若い鉄道マニアの方はほとんど知らないのでは?貨車専用工場みたいでした。昔、大好きなED72が1980年12月ごろ工場の本線を挟んだ浦にED72-11 19 ED73-1017 DD51-52号が解体の為留地されており、どうかして踏切の先から中に入ろうとしたら立入禁止、奥の方に作業員、仕方なく工場の正門に行き守衛さんに尋ねたら、お前何処から来た?と尋ねられFU・・と、こたえたら、車で解体場まで連れていって頂きました。小雪が舞う12月、当方小学6年生の半ズボンのガキでした。嬉しくて夢中で撮影し当方が撮影し終わる頃、新聞紙に包んで、 (もっていきなさい) と最高のお土産を頂き、跳び上がって喜んだ事思い出します。今から32年前の事です。

見ていただきありがとうございます。この藤ノ木貯炭場跡地の北側に今は若松警察署があります。その辺りが旧国鉄の若松工場跡地です。主に室木線の貨車を修理していたようです。西側にはグラウンドもありました。今は亡き義理の父がそこで働いておりましたので当時の事を、よく話を聞いたものです。今はもう面影はありませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国鉄藤ノ木貯炭場跡地訪問記ー2回目訪問の追加(2009年頃):

« 日本炭鉱第6竪坑(若松区蜑住)探索記 | トップページ | 若松駅付近を往(この記事は2009年頃の若松駅周辺です) »

無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31